美容整形の種類と効果

女性

プチ整形と外科手術の2種類に分類される

人はそれぞれ美に関する悩みが異なります。銀座の美容外科で整形手術を受けようという人は、手術の種類や特徴について知ったうえで納得できるものを選ぶ必要があります。まず、銀座の美容外科で受けられる手術には、メスを使わないプチ整形とメスを使う外科手術の大きく2種類に分けられます。プチ整形は、ヒアルロン酸注射やボトックス注射などの注入系、メスを使わない二重手術やマシンを使ったしわ取りやしみ取りの手術があります。プチ整形の特徴は、ほとんどダウンタイムも必要なく手軽に受けられることです。手術の際に入院は必要なく、日帰りで出来るものばかりです。しかし、手軽にできるぶん効果の持続時間も限定的なものが多く、効果を持続させるためには継続して手術を受け続ける必要があります。外科手術は切開縫合する大掛かりな手術で、顔のリフトアップやシリコンバッグを挿入する豊胸、骨を削る小顔手術などがあります。外科手術はダウンタイムに数か月必要なものの、効果が半永久的に持続するのが特徴です。

銀座の美容外科で受ける手術の効果は、種類によって異なります。銀座の美容外科で最も人気が高い手術の1つに二重整形がありますが、糸で留めるだけの埋没法と切開縫合する切開法とでは効果も異なります。埋没法は二重のラインを作り瞼の裏側から糸で留める方法で、傷跡も残らずダウンタイムが短いのが特徴です。しかし、顔を洗ったり目をこすったりすると糸が切れて元に戻ってしまうこともあるほか、ハーフのように幅広のぱっちりとした二重にすることはできません。切開縫合して二重のラインを作る切開法は、2センチほどの傷跡は残るものの、半永久的に効果が持続するうえ、ハーフのような幅広の二重にすることも可能です。また、しわ取りの手術として人気の高いボトックス注射においても、注射だけで表情筋によってできるシワを無くせるものの、効果の持続期間は3か月から半年となります。フェイスリフトによるしわ取り手術は、こめかみ部分に数センチの傷跡が残りますが、効果の持続期間は10年以上と長くなります。